【春休み企画】おしえて!キッズせんせい☆

更新日:2021年10月14日

オーストラリアはサマータイムも始まり(ない州もありますが)、いよいよこれから夏に向けてどんどん暖かくなっていきます。


その前に2週間の春休み。 これまでの学期休みには、J-Kidsオンライン日本語アカデミー運営チームによるスクールホリデーチャレンジを実施してきましたが、今回は少し目先をかえて、アカデミーのメンバーによる『おしえて!キッズせんせい☆』というプログラムを企画しました。

『おしえて!キッズせんせい☆』- 子どもが子どもに教える

これまで4ヵ月近くアカデミーに参加してきた子どもたち、オンラインで授業をきいたり課題を提出したり発表をすることにも慣れてきたので、自分たちの好きなこと得意なことを他の子どもたちにシェアしてみよう!


ということで、まずはキッズせんせいを募集。 自分から『これをやりたい!』と手をあげてくれる子がたくさんいて、あっというまに6日分のプログラムが決まりました。 内容もキッズヨガ、マジックショー、クッキング、サイエンス、クイズ大会の司会、工作など多分野にわたっています。

宣伝用のちらしも自分たちで考えて、それぞれの親子がつくりました

始まってみるとたくさんの笑顔。ちょっと恥ずかしくても、緊張してても大丈夫。すぐに慣れて、みんな堂々と授業を進行し、質問にも答えます。 難しいと思うところがあっても、横にお母さんがいて手伝ってくれるから安心。

キッズせんせいたち、よく頑張りました!

翌週にもう1回授業を行い、合計7人のキッズせんせいが参加してくれた、とてもにぎやかな企画になりました。

『やってみて、すごく楽しかった』

『自信がついた』

『参加者だったけど、自分もできそう!もし自分がせんせいをやるとしたら、何を教えようか考えてみる』

という嬉しいお言葉もたくさんいただきました。

なにより頑張っているキッズせんせいを見ていると、とても可愛くて応援したくなっちゃいます。


最後になりましたが、この企画の発案のきっかけになったのは、ミサンガ作りの工作を教えてくれたたまらせんせい。

『ロックダウンで不自由な思いをしているお友達が寂しくないように、なにかみんなで楽しめるものを一緒にできないか』と考えて、お休み中の工作レッスンをやります、と手をあげてくれたのでした。

たまらせんせい、周りのみんなを思いやる優しい気持ちを、ありがとうございました。

おかげでとっても楽しい春休みになりました。



閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示