3 Days冬休み親子日本語チャレンジを開催しました

更新日:2021年7月12日



スクールホリデーといえば!?

J-Kidsオンライン日本語アカデミーによる3days親子日本語チャレンジです。

この冬休み、今年ですでに3回目の開催で、リピーターの親子も複数いらっしゃいましたが、初めて参加の親子も最初から驚くほどレベルの高いミッション遂行で、運営チームもびっくりです。 プレミッションはおなじみ『自己紹介』でしたが、いきなり動画で登場し物怖じせずにハキハキと自己紹介のできる子どもたちもいて、「もしかしてYoutubeチャンネル持ってます?」と思わずきいてしまったほどの落ち着きぶり。

もちろん人前で自分のことを話すのは恥ずかしい~日本語でどうやって言うの...と尻込みする子もいましたが(うちの兄弟です)、他のお友達の頑張る姿に刺激をうけて、「やってみようかな」と勇気をだして挑戦してくれた子もたくさんいましたね。


ミッション1日目は、『4択なぞなぞ』。

自分で考えたなぞなぞやクイズと4択の答えを準備して、出題してもらいました。

自分の好きなもの、得意なもの、興味のあるものを題材に、たくさんのクイズができました。 そのクイズを集めて、翌日はアプリKahootを使ってみんなでオンラインのクイズ大会。

みんな自分のクイズは簡単だけど、他の人のクイズはとっても難しい! 正解するだけでなく、回答する早さも順位をあげるには必要。あわてて答えるせいで、自分の出題なのにうっかり答えを間違ったり、本当に盛り上がりました。


ミッション2日目は、2チームに分かれて『しりとりリレー』。

これは今回初めての試みです。AチームとBチームが、同時にゆきこ先生にお題をもらって、1家族ごとにしりとりにチャレンジ、その様子を動画で投稿し、次の親子に回します。

ホリデー中だしどれくらい回るものなのか予想もできませんでしたが、どの親子も楽しみに自分の順番を待っていてくれたみたいで、どんどん順番が回ります。

親も一緒に回答するものの、自分の(日本語)語彙力が低下していて、なかなか言葉が出てこない!「ん」がついてしまう!



ミッション3日目は、『チャレンジの感想をきかせてください』でした。

たくさんの親子に楽しんでいただけたようで、本当に嬉しいです。

ご参加ありがとうございました。


もし「こんな風に楽しみながらが日本語を継承していけたらいいな」と思っていただけましたら、ぜひアカデミーにも入会してみてください。

子どもたちの興味をひくいろいろなオンラインアクティビティや授業を用意してお待ちしております。

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示